民間業者を選ぶメリットとは?不用品回収業者のポイント!

- 何でも回収しくれる?

何でも回収しくれる?

不用品回収は、自治体サービスなどを利用して片付けることが出来ます。
しかしながら、品目数が多い・運搬をしてもらいたいなどという方は民間業者を選択するという場合も多いでしょう。
自治体と比較をすると、回収可能品目も多いので便利だという事もあるかもしれません。
しかしながら、民間業者においても「何でも回収をしてくれる」というわけではないのです。
当然、回収できないものも存在しています。
それらについて少し触れていきましょう。

食品について

こちらは生物・保存食かかわらず回収できないかと思います。
清掃オプション・片付けオプションなどを利用した場合は廃棄してもらう事は出来るでしょう。
次に家電リサイクル法に指定されている品目に関して。
指定品目に関しては、利用者が「リサイクル料金」を払う事になります。
このことで回収してくれる民間業者は沢山存在しています。
一般的な料金のみの回収は行っていませんのでご注意ください。
中には買い取りサービスを利用できたり、少しリサイクル料金を割り引いてくれるなどと言うところもありますので、ニーズに合ったところを選ぶと良いでしょう。

次に動植物

植物は大きさによっては不用品回収として依頼をすることも可能ではありますが、不可能というところも多いようです。
各業者に確認を取っておくと良いかもしれません。
動物に関しては、魚類・鳥類・昆虫・爬虫類など問わず回収してもらうことは出来ないかと思います。
里親を探してくれるところに依頼をするなどしてください。
動物に関しては責任を持って育て・保護していくことが前提ですので、このような状況にならないようにしたいものです。

ピアノ類

特にクラシックピアノについては回収できないことも多いようです。
ただし、ピアノ専門の回収業者などが存在しています。場合によっては買い取りシステムなどを利用して処分することも出来ますし、クレーンなどを使っての搬出可能というところもあります。